副作用の心配はありません!

グラシトールの摂取目安量は1日6粒となっていますが、血糖値の数値を把握している場合は、数値の動向を見ながら1日12粒まで増やしてみてもよいです。

また、グラシトールは医薬品ではなくあくまでも食品ですので、多く摂取したからといって副作用の心配はありません。

ただし、まれにアレルギーの方は合わない場合がありますので、アレルギーの方は配合成分を確認するようにしてください。

【原材料名】
ピニトール、水溶性食物繊維、アイスプラント末、食用酵母(亜鉛・マンガン)、結晶セルロース、ビタミンC、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、葉酸、ビタミンB12、ビオチン

【栄養成分表示:6粒あたり】
エネルギー:5kcal、たんぱく質:0.12g、脂質:0.02g、炭水化物:1.06g、ナトリウム:4mg、ビオチン:50μg

妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫です!

妊娠中、授乳中の場合は食べるものにも気を使いますが、グラシトールはあくまでも食品なので、妊娠中・授乳中に飲んでも問題ありません。

これから妊娠を希望される方が飲んでも大丈夫です。

むしろ、次のような理由で、妊娠中の方は積極的にグラシトールを摂取するのがおすすめです。

・妊娠中に必要不可欠な栄養である葉酸が配合されています。

・血糖値の上昇を抑えてくれるピニトールの働きで、妊娠中の肥満の防止につながります。また、血糖値の上昇を抑えることは、妊娠の障害となる「多嚢胞性卵巣症候群」の予防・改善にもつながりますので、これから妊娠を希望される方にとっても、妊娠の確率を高めるという意味で効果が期待できます。

>>> いつでも解約OK!初回1,935円の定期コースはこちら

グラシトール